今必要のない会社の物品を一時保管できる貸し倉庫


会社の備品やイベントグッズを預けるのに最適!

研修や会議の時にしか使わないホワイトボードやデジタル機材などの備品、会社のイベント時にしか利用しないテントや看板など、このような今必要のない物品の保管スペースにお悩みなら貸し倉庫の利用を検討してみるのも良い方法です。今使わない物品は場所を取るので、収納場所に置いていても邪魔になって、物の出し入れがスムーズにいかないこともあるでしょう。そんなときに有効活用ができるのが貸し倉庫です。年単位で契約する貸し倉庫もありますが、月単位の短期間の利用もできる倉庫もあり、活用用途に合わせた使いみちがあります。トランクルームは小さな拠点として利用でき、会社の備品やイベントグッズの一時預かりに大活躍します。

屋外と屋内の貸し倉庫、各メリットとデメリット

貸し倉庫は、屋外型や屋内型の種類があり、様々なサイズのスペースが用意されているため、その時々の用途や荷物の量に合わせて選べます。屋外型の貸し倉庫のメリットは、屋内型よりも広い部屋を借りられることや、比較的費用が安くてコストを抑えられるところです。デメリットは、暑い季節は高温多湿になることがあり、デジタル機材などの保管環境に配慮が必要な物を預けるのには向いていません。屋内型の貸し倉庫のメリットは、防犯設備や空調設備の管理が整っていることが多いところが挙げられます。デメリットは、入口やエレベーターが狭い場合があったり、スペース自体が省スペースであることが多く、テントや看板などの大型の物品を保管するのは難しいです。

物流業に3PLを導入することで生産性が向上し、労働時間や経費の削減に役立ち、販路拡大までも期待できます。

Back To Top